FC2ブログ
HOME プロフィール

八神 凛子

Author:八神 凛子
占星術を勉強してます。

つらつら、グダグダ、ブログになんか書いてます。

嫌韓・嫌支那です。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ 蝶が舞うリースの時計

Astro Journey ~西洋占星術の旅 ~

西洋占星術の勉強や、日々の事を綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、京都へ行こう! FINAL

2013年の京都花見旅行の最終目的地です。

祇園白川から祇園四条まで、またまたぶらり散歩で建仁寺まで歩きます。
私、建仁寺は二度目です。初めて目にした時から惚れ込んだ雲龍図があるのです!


建仁寺
建仁寺(けんにんじ)は、臨済宗建仁寺派大本山の寺院。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である。
俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝える。



2013@建仁寺1


こちらは中庭

2013@建仁寺2


国宝の「 風神雷神図 」

2013@建仁寺3


こちらが、私の惚れた法堂天井 雲龍図
これは、平成14年4月、建仁寺開創800年を慶讃して、法堂大天井に奉納されたもの。
小泉淳作筆。108畳の大きさです。

2013@建仁寺4

一対で存在する宗教的モチーフ像に多く見られる「阿吽 あうん 」の龍です。
神社などにある狛犬や仁王なども阿吽です。

阿吽 とは・・
悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり
そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。
生と死という解釈もできます。


2013@建仁寺5


素敵でしょ、カッコイイでしょ! 目の前で見るとため息がでます。惚れ惚れします。
中高生の時に修学旅行で行ったときは、ちっとも良さが分からなかったけど
やっぱり、京都って30歳過ぎた辺りから良さが分かってきますね。
CMで言っている「 奈良、京都、ふたたび 」って意味が分かります。

今年の花見旅行は母子で大満足でした。
来年は、醍醐寺の桜も見たいし、弘前城や東北の桜も見たいなぁ~♪

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。