HOME プロフィール

八神 凛子

Author:八神 凛子
占星術を勉強してます。

つらつら、グダグダ、ブログになんか書いてます。

嫌韓・嫌支那です。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ 蝶が舞うリースの時計

Astro Journey ~西洋占星術の旅 ~

西洋占星術の勉強や、日々の事を綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の満月前夜のヒトリゴト

6月4日20:12 射手座で満月でございますよ。

4月の満月前夜、5月の満月は「ひょう」が降って来ましたが、今回は何が起きるやら・・・と
思ってたらオウム事件の菊池直子容疑者が捕まりました。

ちょっと気になり、サリン事件当日と逮捕時のトランジットを見ましたら・・(他のブログでも書いたけど)


kikuchi19950320.png

最初に目が行くのが・・・


Tの冥王星がNとP土星と180度である。 (写真のチャートは二重円だけどP凶星は動かないから)
そこにTの天王星が調停の角度を取っている。
冥王星は英語でPluto(プルートー) 象意の中に【プルトニウム=核】があります。
他にも毒薬、劇薬という象意もあります。
それがN・P土星と180度というのは、すごく冷酷さを感じます。

そこにNの天王星がP土星、N土星の0度に調停の角度を取ってると言う事は・・って言うか

この調停というアスペクト、調停という名前が付いてますが そもそも「調停」名前に違和感が
あるのよね。
これって、天体同士の180度に力を注いでるのだから「フォロー」しちゃってるって事よね?
60度、120度でヒットしてる天体が土星なら調停って名前でも違和感無いんだけど・・。
まぁ、いいや、話が反れるから。

N天王星の調停ということは、天王星の持つ『予期しない一種独特な出来事や革命的な変化』が
冥王星とアスペクトを取ることで、フォローになりその変化にパワーが増します。
実際、あの事件当時はサリンという劇薬(冥王星)は予想もしていない出来事(天王星)でした。
要は、彼女の出生とトランジット、プログレスの凶星(土星・天王星・冥王星)がタッグを組んだ・・
という事です。

次に目が行ったのは・・・
Nの太陽にTの木星が0度で重なっています。一般的には幸運時と言われますが
一概にそうとは言えません。 木星の力は「広げる」事だけです。
その時の個人の状況・状態に木星の拡大・発展という力のスポットが当たるという解釈が
しっくりきます。
事件時の菊池容疑者(太陽)の状況にスポットが当たり、それが広がった(木星)という事です。


さて、逮捕された本日のトランジットですが・・


kikuchi20120603.png



Nの太陽・木星の合、月・火星のTスクエアにTの火星、金星を巻き込み柔軟宮のグランドクロスを
形成してます。 これは、これで凄い配置です。
今回はN太陽・木星の合にT金星が180度でヒットしてますね。
菊池容疑者の出生図もライツ絡みでTクスエア×2で結構ハードな感じだし
節目のチャートもハードなのは、分かる気がするような、しないような・・。


サリン事件当日のチャートを見ると、冥王星が射手座の0度53分で逆行してる。
という事は、本来のサインであった蠍座の冥王星から射手座にイングレスしたのが1995年1月18日頃。
サリン事件は3月なので、冥王星の動きからしてほぼ直後だ。
冥王星が射手座に入った途端の事件だったんだ。

んん・・・ちょっと、こじつけだけど、菊池容疑者は射手座だ。(こじつけ過ぎか・・^^;)


あぁ・・この先は後日。 ヤバイ、寝なきゃ・・。明日からまた仕事だ。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。